Skip to main content Skip to first level navigation
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

Windows NT4.0対応 imagio Neo 165/135用 RPCSドライバ Ver.5.82

  • 1. 製品を選ぶ
  • 2. OSを選ぶ
  • 3. ソフトウェアを選ぶ
  • 4. ダウンロード

高度なグラフィックス処理を可能にしたWindows環境に最適化された新プリンタードライバーです。多彩な機能とシンプルな操作性を提供するアプライアンスドライバーです。

ダウンロードされる前にお読みください

ダウンロード  (ファイルサイズ:2,268 KB)

ダウンロードできない場合

基本情報

[ファイル名] 一括:105179.exe
分割:1051791.exe 1051791.r00
[バージョン] Ver.5.82
[ファイルサイズ] 一括:2,322,587 byte
分割(DISK1):1,457,664 byte
分割(DISK2):870,031 byte
[登録日] 2005年 05月 13日
[動作環境]
本ドライバは Intel 486以上を搭載したPC/AT互換機、または NEC PC-9800シリーズ上で動作する、Microsoft Windows NT Server Version 4.0 日本語版 およびWindows NT Workstation Version 4.0 日本語版(以下 NT4.0と略)環境下にて動作します。MIPS Rシリーズ, Alpha, PowerPC環境の NT4.0では動作しませんのでご注意下さい。
[作成方法] 自己解凍
[転載条件] 転載禁止
[著作権者] (株)リコー

対応機種

このプリンタードライバーは、以下の機種に対応しております。

imagio Neo製品群
imagio Neo 165/135

注意事項の記載についてはシリーズにまたがっての内容になっている場合があるため、ご選択いただいたシリーズ以外の機種に関する情報が記載される場合がございます。予めご了承ください。



制限/注意事項

<インストール後の注意>
   ご使用になるプリンタのオプション構成によっては、ご使用できない設定が
   含まれた「ワンクリック設定」がインストールされる場合があります。
   その場合は「アイコンの管理」から「プリンタ情報の更新」を設定して
   ください。詳しくはヘルプをご参照ください。

<プリンタ機種の確認>
   インストールの際に、異なるプリンタ名を選択すると双方向通信が
   できません。印刷される機種をご確認の上、選択してください。

<Windows NT Server4.0,Terminal Server Editionにて
                        MetaFrame環境をご利用される場合>
  上記環境では、通常高性能のサーバー上で印刷動作が行われるため、
  ドライバ側の負荷が高く動作してしまいデータ量が増えてしまいます。
  このため上記環境において、MetaFrameのAutoCreateプリンタをご使用される場合
  には、プリンタドライバの「印刷処理の配分設定」で、「プリンタでの処理を優先」に
  設定してご使用いただくことを推奨します。


【お願い】
本ドライバには《readme.htm》を添付しております。
ご使用に関しての制限/注意事項等の情報を記載しておりますので、
ご使用の前に必ずお読み頂けるようお願いいたします。
※《readme.htm》はWebブラウザからご覧いただけます。

商標について

MS、Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標です。
上記のソフトウエアアプリケ−ションは各ソフトウエア会社の登録商標です。
その他、記載されている社名や製品名は,各社の登録商標もしくは商標です。