Skip to main content Skip to first level navigation
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

製品: RICOH SP 6450
OS:Windows Server 2008 R2 (64ビット)

RICOH SP 6450用ソフトウェア(Windows Server 2008 R2 (64ビット))の検索結果です。
通常は標準プリンタードライバーとしてRPCSドライバーをお選びください。

推奨プリンタードライバー

RPCSドライバー Ver.1.6.0.0  

ダウンロード

高度なグラフィックス処理を可能にしたWindows環境に最適化された新プリンタードライバーです。多彩な機能とシンプルな操作性を提供するアプライアンスドライバーです。

その他のプリンタードライバー

RP-GL/2ドライバー (CAD用) Ver.2.08  

RP-GL/2モードを利用して印刷を行うためのプリンタードライバーです。本ドライバーはCADアプリケーションでの使用を目的としてしております。
したがってワードプロセッサー、表計算、フォトレタッチ、ドローイング系などのアプリケーションでは、期待通りの結果が得られない場合があります。

【注意事項】
※RP-GL/2を使用可能な機能が標準搭載またはオプション装着されている機種に対応しています。

RPCS Basicドライバー(カラー版) Ver.3.8.0.0  

RPCS言語に対応している機種で利用することができる機種共通のプリンタードライバーです。

RPCS Basicドライバー(モノクロ版) Ver.3.8.0.0  

RPCS言語に対応している機種で利用することができる機種共通のプリンタードライバーです。

XPSラスタードライバー Ver.1.00  

XPSを使用する各アプリケーション/ソフトウェアから印刷するためのプリンタードライバーです。

PSドライバー Ver.3.0.0.0  

本ドライバーを使用すると、プリンターをPostScriptプリンターとして使用し印刷を行うことができます。 ご使用される対象OS毎にWindows環境用のものとMacintosh環境用のものがあります。(Mac OS XについてはPPDインストーラーで提供されます) 【注意事項】
※PS3が使用可能なオプションカードが装着されている機種、又は、標準でPS3が使用できる機種に対応しています。
機種により対応状況が異なります。
ダウンロードページの対応機種をご確認ください。

PCL6(PCL XL)ドライバー Ver.3.0.0.0  

本ドライバーを使用するとプリンターをPCL6(PCL XL)プリンターとして使用し印刷することができます。 【注意事項】
※PCLが使用可能なオプションカードが装着されている上記プリンターに対応しています。

なお、下記機種は、PCL6(PCL XL)に標準に対応しており、オプションは不要です。

RICOH SP 3610/3610SF

また、再生機(リコンディショニング機)は、PCL6(PCL XL)には対応しておりません。
再生機は、製品名の末尾が「RC」となっている機種です。

RICOH プリンター診断修正ツール Ver.2.3.0.0  

Windows PC上からの印刷に失敗する問題が発生した際に、失敗する原因を自動診断して問題解決までを促進するサポートツールです。

プリンティングソリューション

リコーカンタンドライバーインストーラーセットアップツール Ver.2.18.0.0  

リコーカンタンドライバーインストーラーは、ネットワーク内またはUSBで接続された機器を指定し、ご使用のWindows OSに対応した最新バージョンのドライバーを適切にダウンロードできるドライバーインストール支援ツールです。
RPCS、PS(Fieryコントローラを除く)、PCL6(PCL XL)ドライバーに対応しています。
詳細はこちら

【注意事項】
※インターネット接続環境、およびAdministrator権限が必要です。