Skip to main content Skip to first level navigation
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

IPSiO SP 3410SF用 PC FAXドライバー Ver.1.65

  • 1. 製品を選ぶ
  • 2. OSを選ぶ
  • 3. ソフトウェアを選ぶ
  • 4. ダウンロード

本PC FAXドライバーは、各クライアントPCのアプリケーションから直接ファクス送信を行うことを可能にします。

ダウンロードされる前にお読みください

ダウンロード  (ファイルサイズ:2,522 KB)

ダウンロードできない場合

基本情報

[ファイル名] 210114.exe
[バージョン] Ver.1.65
[ファイルサイズ] 2,583,216 byte
[登録日] 2018年 04月 11日
[動作環境]

本ドライバは、下記Microsoft社のソフトウェア環境下にて使用できます。
Windows 10 (64ビット)
Windows 8.1 (64ビット)
Windows 7 (64ビット)
Windows Server 2019 (64ビット)
Windows Server 2016 (64ビット)
Windows Server 2012 R2 (64ビット)
Windows Server 2012 (64ビット)
Windows Server 2008 R2 (64ビット)
Windows Server 2008 (64ビット)
>> OS エディション対応表

[作成方法] 自己解凍
[転載条件] 転載禁止
[著作権者] (株)リコー

対応機種

このファクスドライバーは、以下の機種に対応しております。

IPSiO SP オールインワン製品群
IPSiO SP 3410SF

注意事項の記載についてはシリーズにまたがっての内容になっている場合があるため、ご選択いただいたシリーズ以外の機種に関する情報が記載される場合がございます。予めご了承ください。



制限/注意事項

<インストールの注意>
(1)既に本ソフトウェアが導入済みの場合は、削除してからインストール
     してください。
(2)USB接続でご使用の場合は、必ずプラグアンドプレイでインストール
   してください。
(3)USB接続で新規に導入される場合は、スキャナードライバーとプリン
   タードライバーを指定する必要があります。
   あらかじめTWAIN/WIAドライバーとプリンタードライバーをダウンロ
     ードしてからインストールを開始してください。

<Windows Vista/7での制限事項>
・インストーラやユーティリティーの起動時などで、「ユーザアカウント制御」
 画面が表示される場合があります。
 インストーラやユーティリティーを管理者権限で実行するために必要です
 ので、「続行」をクリックしてください。
 「キャンセル」をクリックすると、インストーラやユーティリティーは起動
 されません。

<IPv6/IPsec機能をお使いになる場合の注意>
・IPv6/IPsec機能をお使いになる場合は、本体のファームウェアをVer2.01以降に
 バージョンアップしてください。
 Ver.1.60以降のプリンタードライバーと、Ver2.01以降の本体ファームウェアを 
 組み合わせてご利用いただく必要があります。

【お願い】
本ドライバーには「Readme.txt」を添付しております。
ご使用に関しての制限/注意事項等の情報を記載しておりますので、
ご使用の前に必ずお読み頂けるようお願いいたします。

商標について

MS、Microsoft、Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標です。
上記のソフトウエアアプリケ−ションは各ソフトウエア会社の登録商標です。
その他、記載されている社名や製品名は,各社の登録商標もしくは商標です。